サプリメントを使って相乗効果を狙う

サプリメントは食品の延長線上にあります。

つまり薬ではないという事です。ですからコンビニなどでも販売可能なのですね。サプリメントにもっと効果性を補いたいのなら…、もう薬を服用することです。サプリメントのようなゆっくりとした効果ではなくて、即効性のある効果を期待するのでしたら、薬を服用した方が良いでしょう。でも薬は即効性がある代わりに必ず副反応があります。それは小さなものから大きなものまで…。小さな副反応でしたら体毛が一時的に濃くなる、胃がむかむかと吐き気が起こる、というものです。大きな副反応でしたらアナフィラキシーショックのように一時的にショック状態に陥るようなものもあります。薬を使う時は十分に注意したいものです。

 

さて巷でもてはやされている、ダイエットの際のサプリメント。多くの場合は副反応のような作用はありません。でも中には危険なダイエットのサプリメントも売られているそうです。購入の際には十分に注意してください。

一般的なダイエットサプリメントの場合は体内に脂肪の吸収を抑えるものです。それほど危険なものではないことが多いですが、でも効果がゆっくりと出るものが多いです。ですので、ダイエットサプリメントを服用してのみだけで体重が減るかどうかというとそれはとても難しいことです。サプリメントを上手に利用しながら、運動をしたり食事制限をしたりすることがより速い効果を期待できるでしょう。

 

一般的に食べて直ぐに運動するのは消化器に悪いとされています。ですが、食後20分に軽いウォーキングをするのはダイエットにとても効果的だそうです。というのも食べて直ぐにカロリーを消費できるので、食後20分のウォーキングはお勧めです。この場合は、短時間といっても最低でも20分以上は歩いてもらいたいです。あまりにも短時間でウォーキングが終わってしまうと、こちらもダイエットの効果が出にくいからです。体重を減らすためには効果的なウォーキングとサプリメントの服用が一番体に負担なくダイエット出来ますよ。

http://diet-programme1.com

 

単品ダイエットは一時的に体重が落ちるだけ

一昔前にはやった同じもの食べ続けるだけのダイエット。食べる物を選ばなくても良い事やカロリー計算をしなくても良いことがとてもメリットです。でももちろん、デメリットもあります。単品ダイエットの一番のデメリットは、同じもの食べ続けると飽きることです。人間三食同じもの食べるだけでとても飽きますよね!それが毎日続くとなると…、嫌になるのは普通の感覚です。人は毎日の食事の楽しみがないと人生の楽しみが半減したも同じに感じるものです。毎食、毎食を楽しみに仕事をしている方にとって、同じ食事しか食べられないのは精神衛生上にあまり良いとは言えません。ですから上手にダイエットしたい方はまず避けるのは単品ダイエットです。

 

単品ダイエットは、それでも短期間に体重を減らすのにはダイエット方法として優れています。ですので、単品ダイエットを毎日の生活の中で取り入れたいのでしたら、お勧めは夕食に取り入れることです。脂肪が身体に付きやすいのは夜間です。この時間帯に食べることを避け、寝る前の2時間前には夕食を取り終えるようにしましょう。夕食は理想的には20時までに取り終えたいですが、それもなかなか難しいもの。ですが単品ダイエットの場合は20時を少し過ぎても夕食をとってもそれほど大きなデメリットにはならないはずです。でも何を食べるかには十分に注意しましょう。

 

遅い夕食、単品ダイエットをする際の夕食にお勧めなのはリンゴです。西洋でも日本でも一日一個のリンゴは医者を遠ざける、と言います。リンゴって安くて優秀な果物なのです!(近頃のリンゴは決して安くはありませんが。今ではリンゴの旬の時期でも一個200円程するものが多いですよね)リンゴを夕食に一つ食べることをしばらく続けてみると体重は落ちていくはずです。夕食にリンゴ一つ食べる代わりに朝昼はいつもの食事で大丈夫です。リンゴの単品ダイエットをしばらく続けてある程度体重が落ちたら、食事制限と運動を取り入れたダイエットに切り替えるのが良いでしょう。こちらは単品ダイエットで落とした体重を再び増やさないようにするためにします。無理にこちらのダイエットで体重を減らすことは避けてください。

 

体重が減ったら体は元の体重に戻そうとする作用が働きます。でも運動を上手に取り入れたダイエットでリバウンドを防止に励みましょう。このようなダイエットならきっと長続きするはずですよね!

基礎代謝が上がったら食事を見直す

ダイエットをしている時に一番気を付けなければいけないのは食事と運動です。

ダイエットの目的が美容のためであれ健康のためであれ、最終目標は同じです。「体重を減らすこと」です。そのためにダイエット中は食事に気を付けたり、運動をするようにするのです。

 

食事制限でダイエットしてもある程度まではその効果がしっかりと出てくれます。食事でどれほどカロリー・コントロールできるかはダイエットの大きなカギです。カロリー・コントロールをストレスなくできればダイエットは成功する、といっても過言ではありません。カロリー・コントロールをうまくできないけれどダイエットの必要が大いにある、という方はプロの意見を聞くことをお勧めします。自分一人でダイエット出来なくても、誰かの力を借りればうまくいく、なんてことはよくあることです。プロの力を借りる場合はうまくいく可能性が高くなります。

 

運動中心のダイエットは、それを始めてすぐにはその効果を感じることは少ないでしょう。運動中心のダイエットの場合、その効果が出始めるのに時間がかかるのです。でも長い目で見ると確実にその効果は出ます。運動を始めると筋肉の量が徐々に増えていきます。筋肉の量が増えていくという事は、基礎代謝があがるという事は、何もしていない時に体が消費するエネルギー(カロリー)が上がるという事です。こうなったらしめたもの!ダイエットが簡単になっていく過程に入ってきたという事です。基礎代謝が上がってきたところで食事を見直しましょう。これがとても肝心で、食事でのカロリーを少し抑えるようにするとよりダイエットの効果がよく表れます。

どのような食事をとればよいのか、は伝統的な日本食のようなものが良いでしょう。高たんぱく、低カロリーが良いかもしれません。肉の脂身を避け、ささみで良質のたんぱく質を取る、揚げ物を控えるというのも良いです。ただ和食の場合、塩分過多にならないように気を付けましょう。ダイエットに成功しても高血圧になっては困りますから。

運動で相乗効果を狙うには

毎日運動をし続ける事が健康を保つうえで大切ですよね。でも毎日決まった運動ばかりしていると、同じ筋肉を使い続けることになってしまうので、故障も多くなってしまうとか。そう思うと、同じ運動をルーティーンとしてし続けると良いことも悪いこともありますね。もし脚の筋肉を強くしたいと思うなら、同じ運動をするばかりでなく違った運動も取り入れることが効果的です。脚の筋肉は一つではないので、違うエクササイズをすることで、違う脚の筋肉が鍛えられて相乗効果で脚全体が強くなるのですよね。何でもそうですが、運動をするときもやはりちょっとした工夫が必要です。

ちょっとした工夫についてですが、同じ運動をするときでも服装にちょっと気を使ってみるのも良いかもしれません。早く体を温めたいときはサウナスーツを着るのも一つの手です。サウナスーツは体とスーツの間に温かい空気を閉じ込めて汗をかきやすくする、というもの。汗をかくことによって運動により効果が出ることも分かっています。それがダイエットにつながるかどうかはまた別のようですが、でも体をより早く温めることによって温まった後の運動が効率良く行えますよね。体を早く温めて汗をかきやすくするのにサウナスーツを紹介しましたが、そのような効果をスーツに頼らないで、運動できる場所があります。それはホットヨガのスタジオです。

ホットヨガのスタジオはそれ専用に作られています。スチームサウナのような構造で作られていると聞きました。スタジオを温かい状態にしておいてその中でヨガを行います。ヨガって簡単なようで結構きついポーズもありますから、それを行うために体を温めて、運動をさらに続けると汗をかくことに加えて体が無理なく動けて怪我もしにくくなります。そんなホットヨガのような空間を作るために、ダイエット効果も期待してサウナスーツでお風呂場に入る方もいるとか…。

サウナスーツでお風呂に入るとどうなる?

汗を滝のようにかくでしょう。顔からも汗をかくでしょうし、きっと毛穴の中の汚れも落ちて美肌効果も高いでしょうね。運動をすることでダイエットと美肌を手に入れたいのなら、お風呂の中でサウナスーツを着るよりもホットヨガを試した方が相乗効果も高いし、良いでしょう。

 

運動するときに気をつけたいこと

運動が体に良いとはもうすっかりと定着しています。

運動は毎日する方が良いのかもしれませんが、でも特別な事(例えば激しい運動や水泳など底化特別に行かなくてはいけないような運動)を毎日続けるのは少し大変ですよね。そんな特別な事なことをしなくとも運動をしようと思えばいつからでも出来ます。

 

運動の基本は歩くことです。ですから毎日の生活の中でなるべく歩く機会を意識的に造りましょう。この意識的に造る、というのがとても大切で意識をしないで運動をするのと意識をして運動するのとではその効果が違うそうです。ただ歩くだけでも背筋を伸ばして歩くのとそうでないのとでは運動量を比べても消費カロリーを比べても違うそう。運動を日常生活の中に取り入れる際に、どうせならその効果を高めたいので、歩く際にはダラダラと歩かないで意識して正しい姿勢で歩くようにしましょう。

 

生活習慣の中で運動するのは毎日続けたいことですが、特別に運動をするときに気を付けたい事を考えましょう。食事をしてからすぐに運動するのは胃に良くないので止めましょう。せめて食事をした後20分程はゆったりと意を休めてあげて、それから運動をしましょう。そして運動をする前にはウォーミングアップも大切です。筋肉をいきなり激しく動かしてしまうと、体が驚いてしまって怪我をしたり筋肉を傷めることになります。する運動にもよりますが、運動量が多いものほどしっかりと動く前にウォーミングアップをしたほうが良いです。筋肉をある程度ストレッチしておいて、体を温めるのが良いでしょう。運動の初めの動きがゆったりとしたものなら、動きながらストレッチや体を温めるようなものが良いでしょう。これがウォーミングアップも兼ねた運動になります。

 

運動をするメリットは体に良い事、健康を保つうえで欠かせない事。そしてストレス解消にもなるというメリットがあります。何か普段の生活で煮詰まっているような気持ちがあるのなら、余計な事を考えずに体を動かしてみるのも、良いストレス解消になりますよ!

運動が体によいわけ

運動と健康の関係は密接です。

そもそも人間の体は運動しないように出来ていません。運動することによって体の機能がうまく働くように、人の体はそのようにプログラミングされているのです。この場合の「運動」と何にもスポーツのように激しい運動をすることではありません。この場合の運動とは、例えば日常生活の中で体を動かすことも入ります。買い物のためにスーパーまで歩くこと、階段の上り下りも運動に入ります。このような日常生活の中で体を動かさなくなると…体に元々然に備わっている機能はすっかりと衰えてしまいます。

 

お年寄りが骨折するとそれは大変な問題となります。そのわけは…

日常生活が自分で出来なくなると、身の回りのお世話を自分ですることが出来なくなると…、周りに大きな負担がかかる、という以外にも体を動かさなくなって本人の体の機能や脳の機能が衰えて大問題になります。日常的に使う筋肉が衰えてしまうと、例えば認知症が進んでしまったり、自分の脚で立つことが出来なくなる…。自分の脚で立って生活できないとなると、足を動かさないことで血の流れが悪くなり、血栓が出来たり、血管の流れが悪くなって、末梢神経に血が十分に行きわたらなくなる。それによって脚の機能が落ちるという事はお年寄りにとって珍しい事ではありません。骨折してしまったことによって、若い人なら松葉杖をついてでも生活することが出来ますが、お年寄りの方はそれが難しい場合もあります。そんな時はリハビリをがんばるのですが、それも足りず結局はマッサージをしてもらう事、ほかの人の力を借りて何とか自分の体の機能を保つ。そんな努力が必要になってきます。命をつなぐ、という事は運動することにと密接につながっていて、それが出来ない時は…とても大変な事態なのです。

 

人間の体は運動することによってより良く生きるように出来ています。運動を怠ると、時には取り返しのつかないことが起こる場合もあります。運動が健康的な生活、人としてより良く生きるうえで欠かせないという事が良く分かりますね。