運動するときに気をつけたいこと

運動が体に良いとはもうすっかりと定着しています。

運動は毎日する方が良いのかもしれませんが、でも特別な事(例えば激しい運動や水泳など底化特別に行かなくてはいけないような運動)を毎日続けるのは少し大変ですよね。そんな特別な事なことをしなくとも運動をしようと思えばいつからでも出来ます。

 

運動の基本は歩くことです。ですから毎日の生活の中でなるべく歩く機会を意識的に造りましょう。この意識的に造る、というのがとても大切で意識をしないで運動をするのと意識をして運動するのとではその効果が違うそうです。ただ歩くだけでも背筋を伸ばして歩くのとそうでないのとでは運動量を比べても消費カロリーを比べても違うそう。運動を日常生活の中に取り入れる際に、どうせならその効果を高めたいので、歩く際にはダラダラと歩かないで意識して正しい姿勢で歩くようにしましょう。

 

生活習慣の中で運動するのは毎日続けたいことですが、特別に運動をするときに気を付けたい事を考えましょう。食事をしてからすぐに運動するのは胃に良くないので止めましょう。せめて食事をした後20分程はゆったりと意を休めてあげて、それから運動をしましょう。そして運動をする前にはウォーミングアップも大切です。筋肉をいきなり激しく動かしてしまうと、体が驚いてしまって怪我をしたり筋肉を傷めることになります。する運動にもよりますが、運動量が多いものほどしっかりと動く前にウォーミングアップをしたほうが良いです。筋肉をある程度ストレッチしておいて、体を温めるのが良いでしょう。運動の初めの動きがゆったりとしたものなら、動きながらストレッチや体を温めるようなものが良いでしょう。これがウォーミングアップも兼ねた運動になります。

 

運動をするメリットは体に良い事、健康を保つうえで欠かせない事。そしてストレス解消にもなるというメリットがあります。何か普段の生活で煮詰まっているような気持ちがあるのなら、余計な事を考えずに体を動かしてみるのも、良いストレス解消になりますよ!